ホーム   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト  »   ビカン工法とは  »  ビカン工法とは
    RSSフィード
    --.--.--

    スポンサー広告


    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    2016.08.05

    ビカン工法とは


    今までの建物洗浄方法は?

    1) 高圧洗浄
    水の圧力による洗浄の為、表面上は綺麗になったように見えるが、カビや油等の汚れは分解・除去・死滅することができない。

    2) 研磨洗浄
    そこそこ効果はあるが、素材を傷める可能性が高い。技術力が必要なため、誰でも同じ効果を得られない。

    3) 酸洗浄
    効果が高く作業時間を短縮できるため使用する業者が多いが、素材を傷める可能性が極めて高い。酸で素材が焼けてしまい、劣化が早く美観を損ねる可能性が高い。


    これくらいが関の山で、高い技術力・時間・行程、あるいは一番大切な要件であるはずの素材を傷める等のリスクが高く、しかも「汚れが落ちない」というシャレにもならない「落ち」があるのが現状です。

    これは汚れの原因が何なのか?そしてその原因の元をどうすれば分解・除去できるか等の分析・対策がなされてないからです。

    特に落ちない汚れの原因で一番考えられるのは「カビ」です。

    ビカン工法で使用する特殊洗剤は、特殊成分の力でカビを根元から分解し死滅させ、防菌・防カビ・防水効果で美観を維持できます。

    そのうえ、擦ったりしなくても良いので、素材を傷めません。

    塗装が剥げたり素材を傷めることもなく復元することが可能なのです。

    (擦るとカビが飛散し、周りの壁や床などに定着し増殖するという逆効果になります。)

    そのため、今まででしたら塗り替えたりリフォームするしか方法が無かった物件を短時間で安価に、しかも巣材を傷める事もなく復元することが可能なのです。



    スポンサーサイト
    NEW Topics
    各所を洗浄します。
    道路沿いのコンクリート
    はじめに
    会社概要
    外壁材

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。